さまざまな種類のマルチメディア プロジェクター: 違いは何ですか

Different Types Of Multimedia Projectors: What Are The Differences
official YABER

プロジェクターは、何十年もの間、あらゆる教育機関、講堂、セミナーホール、会議室、オフィスに欠かせないものとなってきました。マルチメディア プロジェクターはさまざまな形式で存在しており、教室での授業、会議、会議、セミナー、さらにはインフォテイメントの実施に至るまで、さまざまな目的で使用されています。ただし、アプリケーションの分野が異なれば、必要なマルチメディア プロジェクターの種類も異なります。たとえば、映画館では、非常に大きなスクリーンでの高負荷のパフォーマンスが必要なため、高解像度のレーザー プロジェクターが使用されます。一方、シンプルな Pico プロジェクターは、生徒が 15 人程度の小さな教室で十分に対応できます。

プロジェクション技術の世界には、主に次の 4 つのタイプがあります。 DLP、LCD、LCOS。 DLPはDigital Light Processingの略で、LCDはLiquid Crystal Displayの略で、LCOSはLiquid Crystal on Siliconを意味します。また、光源としてランプの代わりに固体レーザーを使用するレーザープロジェクターもあります。プロジェクターの種類が異なれば、用途も異なり、価格もさまざまです。したがって、プロジェクターを選択するときは、要件と予算を考慮する必要があります。

このブログ投稿では、市場にあるさまざまなタイプのプロジェクター、使用されるテクノロジー、およびその用途について詳しく説明します。

DLPプロジェクターとは何ですか?

上で説明したように、DLP は Digital Light Processing Projector の略で、スクリーンに向かって光を反射する小さなミラーを利用します。このセットアップには、回転して連続した色を生成する物理的なカラー ホイールが含まれています。 DLP プロジェクターは、シングルチップまたは赤、緑、青の DLP チップを備えた 3 チップの場合があります。

DLP プロジェクターの光出力は鮮やかで、教室や会議室などの周囲照明のある環境に非常に適しています。

DLP プロジェクター: 仕組みは?

DLP プロジェクターは、何百万もの微細なミラーで構成されるチップで構成されており、それぞれのミラーは独立して調整できます。光源に近づいたり遠ざかったりして、明るいピクセルまたは暗いピクセルを作成できます。カラー画像を作成するには、カラーホイールを回転させて画面上にカラーピクセルを作成します。したがって、観察者がフルカラーの画像を見るよりも速い速度で色が順次表示される。ほとんどのシステムは最大 10 倍のフレーム レートで動作します。

DLP プロジェクターの用途

DLP プロジェクターは、家庭、学校、オフィスで次の目的で使用されています。

  1. 会議やプレゼンテーションにビジネスプロジェクターを使用しました。
  2. ホームシアターで映画、テレビ番組の表示、ビデオゲームのプレイなどに使用されます。
  3. 電気通信会社や電力会社の指令および制御センターで使用されます。
  4. 講義や発売イベントのための教室やホテルで。

液晶プロジェクターとは何ですか?

LCD または液晶ディスプレイは、プロジェクターで使用されるもう 1 つの一般的なテクノロジーです。 LCD プロジェクターは、テレビやモニターと同じ液晶ディスプレイ技術を使用しています。 LCD プロジェクターは、複数の複雑な手順を使用して画像を作成します。これらは、3 つの原色を使用して画像を投影する 3 つの LCD パネルで構成されています。赤、緑、青。 3 つの色すべてが同時に投影されるため、画像は完全にカラーになります。

LCD プロジェクター: 仕組みは?

LCD プロジェクターは 3 つの液晶ディスプレイを使用し、複数の手順を経て画像が作成されます。光源は白色光のビームを放射し、特定の波長の光のみを反射するように特別に成形された 3 つのミラーを通過します。各色の光ビームは LCD パネルに送られ、電気信号が受信されます。この信号は、パネルに、ディスプレイ内のピクセルを配置して画像を作成する方法を指示します。同じ画像が 3 つの LCD パネルに生成されますが、光源の光が当たるため色が異なります。これらの異なる色の画像はプリズム内で結合され、単一の色の画像が得られます。最後に、画像はレンズを通過してから投影スクリーンに反射されます。

液晶プロジェクターの用途

LCD プロジェクターは、次の分野でよく使用されます。

  1. 学校
  2. 企業プレゼンテーション
  3. 展示会とトレードショー
  4. ホームシアター

YABER のマルチメディア プロジェクターのラインナップには、超短焦点、短焦点、長焦点、ポータブル プロジェクター タイプの DLP プロジェクターが含まれます。それは、高解像度、コントラスト比、明るさ、ランプ寿命、および長い動作寿命を意味します。

コメントを残す
All comments are moderated before being published.

当社のプライバシー ポリシー利用規約をお読みください。

関連記事

  • Enjoy Sport Events Like Never Before with Yaber’s Projectors

    Enjoy Sport Events Like Never Before with Yaber’s Projectors

  • Yaber Projector T2 Shortlisted for the Future Innovation Awards 2024

    Yaber Projector T2 Shortlisted for the Future Innovation Awards 2024

  • Introducing the Yaber Projector T2/T2 Plus: Battery-Powered Portable Projector with Native 1080P Resolution

    Introducing the Yaber Projector T2/T2 Plus: Battery-Powered Portable Projector with Native 1080P Resolution

  • Yaber and JBL Extend Partnerships to Elevate Audio Experiences

    Yaber と JBL がオーディオ体験を向上させるためにパートナーシップを拡大